top of page
BA3DDD79-F81F-42A7-BA4E-3AFFC6DFD9EF.jpeg

 

土佐典具帖紙は、流し漉き技法を極限まで高めた厚さ0.03ミリの世界一薄い和紙であり、重要無形文化財に指定されています。明治時代には、欧米諸国への記録用タイプライター紙として、日本の製紙技術の粋を集めて開発された精密用紙でありました。当時、その輸出高は日本全体の約12%を占め、貿易産業に大きく貢献しました。しかし、昭和に入ると機械製紙が主流となり、需要が激減し、その存続は風前の灯火となりました。

それでもなお、技術は途絶えることなく受け継がれました。昭和52年、後に人間国宝となる三代目と、ちぎり絵作家・亀井健三氏との出会いにより、土佐典具帖紙はアート紙として新たな生命を得ました。また、もう一つの重要な用途も生まれました。丹念な仕込みと卓越した技術により漉かれた、劣化しない強靭でしなやかな和紙は、ボストン美術館の「浮世絵」やルーヴル美術館の所蔵品など、国内外の文化財修復に採用されるようになりました。その代表的な修復プロジェクトの一つに、バチカン市国システィーナ礼拝堂の「最後の審判」(ミケランジェロ作)が含まれます。

bottom of page